hamanakadesignstudio
Main Menu
calendar
2007年 6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
categories
entry list by month
Admin
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
Search

2007年6月7日(木曜日)

壁下地とサッシ取付け、野地板等

カテゴリー: - hama @ 12時28分46秒
恒例の山形通信。場所は県北部、尾花沢市内です。夏すいか生産量の8割ほどを占めるという土地柄です。
冬の積雪量も半端なし。しかし、このプロジェクトでは傾斜屋根は採用しておりません。若干の水勾配のみ。


大断面集成材に2x12(ちなみに「ツーバイフォー」とは2x4材のことです)の垂木。垂木ののせ方に一工夫しており、天井の懐を確保しています。


パーキング配置の事情などから北側が正面となります。軒の出は3メートルちょっと。夏には4メートルちょっとの日陰になってくれるでしょうか。


北側のカーテンウォールと壁下地。空間のボリュームが徐々に現実味を帯びてきます。


いっぱい咲いています。

カテゴリー: - hama @ 12時19分28秒
200706071024000.jpg

先日お伝えした我が家の玄関先に植わっているシャラノキ、別名ナツツバキがたくさん花を咲かせ始めました。
いいものですね。

ところで、一昨日、子供が学校で毛虫にやられてきたようすで、かぶれたところが非常に痒そうです。幸い私はチャドクガなど毛虫の毒にやられた事はありませんが、学校では先生など大人にも被害が出た模様で、あわてて消毒していたようです。

みなさんも気をつけてください。


想像力の欠如なのか考えたくないからなのか

カテゴリー: - hama @ 02時26分54秒
パソコンの前に座って仕事をしているとどうしても新たに注いだコーヒー片手にニュースサイトなんぞを見てしまいがちですね。
普段はあまりそういったニュースについて自分の意見をつまびらかにしよう、という気は起きないんですが,今日はちょっと…。

タレントの風見しんごさんのお子さんが以前交通事故で亡くなったのはご存知のことかと思います。その裁判で被告が実刑判決を受けた,というニュースの関連ページとして彼のブログへのリンクがあったのでクリックしたのでした。
タイトルは『「えみる」は削除されたの!?』。IT革命後の昨今、端末中心主義?的な世相を表している印象をちょっと受けたのです。

子を失った親ならば誰しもが一生一番大切に胸に抱き続けるもの・・、それはたとえ短い生涯であったとしても大きな大きな「その子が生きた証」ではないでしょうか。
その「証」のひとつがあっさりと削除されてしまう。
これは戸籍の電子データ化に伴い事務処理の効率UPの為(?)それ以前に亡くなった方は省略して良いことになった為だそうです。

http://mycasty.jp/kazami/html/2007-06/06-03-740538.html

あまり戸籍謄本というものをじっくり紐解いたことのない私のイメージでは例の謄本に斜線が引かれるというイメージが強かったのですが,-存在あっての消去の体現-彼のブログを読むまで、戸籍の電子データ化の実態を想像したこともありませんでした。家系のログから抹殺されてしまうということですか。それとも、ログはデータとして残ってはいるものの,目に触れないだけなのか。まだそこまで詳しく調べてはいないのですが、えらい違いですね。
こんなことも気づかぬ間にどんどん変わっていってしまうんですね。しかも、気づいても異議申し立ての手段さえほとんどないように見受けられる,という。実態にそぐわない戸籍制度のあり方も含め,議論を尽くす前に数の論理だけで決めてしまおうというやり方の横暴さだけが目立ってきます。

何か社会全体にいろいろなほころびが見えている気がします。これしかない、というものではなく、個別の自律的なシステムを許容できる新たなグランドデザインが必要とされているんでしょうね。

自分にできる範囲のことでどのようなことが取り組めるか考えようとすれば,すぐに眠れそうです。

おやすみなさい。


21 queries. 0.031 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

2006-2016 © hamanakadesignstudio Some rights reserved.