hamanakadesignstudio
Main Menu
calendar
2011年 4月
« 3月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
categories
entry list by month
Admin
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
Search

2011年4月18日(月曜日)

原子力はお湯を沸かすための技術ではないはず。

カテゴリー: - hama @ 13時35分52秒
先週末、Facebookのノートに書いたものを転載。
4/16(土)に書いたのはここから↓

こんなことをわざわざ書くつもりはなかったのだが、やはり得心できないのでメモ。

今回の震災をきっかけにはじまった東京電力福島第一原子力発電所の事故は、結局現代のテクノロジーでは原子力をハンドリングしきれていない、という半ばわかっていた事実を改めて白日のもとにさらしたのではないでしょうか。少なくともこれだけのインパクトで人々に実害と不安を与えるテクノロジーは「実用化」に値するものではないと思います。

一番納得いかないのは、原子力という未知のエネルギー源を手にしてもなお、結局お湯を沸かしてタービンを回す、という熱力学第二法則のもとでしかエネルギーを取り出せていない、ということです。産業の工業化のきっかけとなった蒸気機関と原理は全く変わらない。ましてや必要以上の過剰な熱量を信じられない量の水によって取り上げる事が技術の要、というのは本末転倒なのではないでしょうか。その敗北感たるや。なぜ、これが新種のテクノロジーとして認められて実用化されるに至ったのか今となっては全く理解に苦しみます。「エネルギー」の新規性を「熱源」の新規性として読み誤ったということなのではないでしょうか。

私自身は原子力エネルギーの研究をやめろ、とか即時原子力発電所をすべて停止すべき、だとまでは言い切れませんが、原子力エネルギーを直接有効に取り出せるようになるまでは、大規模な実用化は控えるべきではないかと思います。

日本で原子力発電所の建設が認められた過程では「原子力の平和利用」というレトリックは想像以上に強力で、唯一の被爆国民として、人類が手にしてしまった禁断の技術を兵器利用ではなくせめて役に立つ方法で利用してほしい、という切なる願いが込められていた、あるいはそう思い込むように仕向けられた、ということは想像に難くありません。まあ、うまく世論誘導されてしまったということでしょうね。

現場で奮闘されている方々に感謝しつつ、一日も早い事態の収束を願ってやみません。


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://hamanakadesignstudio.jp/x/modules/wordpress/wp-trackback.php/245

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

21 queries. 0.031 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

2006-2016 © hamanakadesignstudio Some rights reserved.