hamanakadesignstudio
Main Menu
calendar
2009年 5月
« 4月   6月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
categories
entry list by month
Admin
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
Search

2009年5月27日(水曜日)

これは長い―ウシュマルの「総督の館」

カテゴリー: - hama @ 13時50分37秒
メキシコ南部、マヤ遺跡の宝庫、ユカタン半島に位置する古代都市遺跡ウシュマル(Uxmal)。
数あるマヤ遺跡のなかでも保存状態が良好なことで知られていますが、この「総督の館」(名付けたのは後に来たスペイン人たちなので、実際何に使われていたのかはよくわかっていません)は、写真だとスケール感がよくわかりませんが、全長百数十メートルにわたる石の壁です。

ユカタン半島を旅しているとよくわかりますが、このほぼ平坦なジャングル地帯に、発掘されていない遺跡がまだまだ眠っているのではないかという気がしてなりません。
(1993年1月)

道路が先か、建物が先か…コルドバの街路

カテゴリー: - hama @ 13時30分43秒
スペイン南部アンダルシア地方の街、コルドバ。
マドリードからセゴビアセビリア(2009.07.28修正)へ向かう途中、ほんの数時間下車して街中を徘徊していた際の一枚。
最も多くの観光客を集めているメスキータを見学した後に、周囲に広がるユダヤ人街(ゲットーという呼称もいろいろと解釈があり、微妙な様相なのでこの表記にしておきます)の通りの一つで撮りました。
コルドバのユダヤ人街といえば、プランターからあふれんばかりの花々のイメージが強いようですが、ここはちょっと裏ぶれた感じでしょうか。
しかし、この建物に沿ってつながっているくぼみ、これはいったいどういう造形なんでしょう。
私の妄想では先に歩行者用としてできていた通りを馬車が通るようになり、車輪の軸があたることを嫌って建物側に彫り込みをつけてしまったのでは?というものです。


もしそうだとしたら、建物の敷地の中を乗り物が通っている訳で、必要に迫られたものだろうとはいえ、自由でいいですね。
(1992年9月)

19 queries. 0.035 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

2006-2016 © hamanakadesignstudio Some rights reserved.