hamanakadesignstudio
Main Menu
calendar
2006年 9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
categories
entry list by month
Admin
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
Search

2006年9月29日(金曜日)

入札

カテゴリー: - hama @ 00時20分34秒
在山形のK氏から声をかけていただいてはじまった某公共物件,先日無事落札されたそうで何よりでした。
それにしても基本設計から2年がかりの(竣工までだと3年がかりか)プロジェクトになってしまい、五月雨に忙しくなるペースは普段あまりないので少々戸惑うことも。
来月後半から早速工事にかかるものと思われますが,諸般の事情により東京から監理に行くことはあまりなさそうです。
うまくいくことを願っております。

2006年9月12日(火曜日)

祭りつながり

カテゴリー: - hama @ 09時15分43秒
そろそろ各地で秋祭りのシーズンだと思われますが、我が家の地元では先週末、氏神さまの例大祭が行われました。
下はお約束のこども神輿。低学年用、高学年用、さらに幼児用に山車もあり。

このような神輿が氏神さまである神社へ続々と集まってきて,お祓いしてもらいます。全部でいくつくらいの町会があるのだろうか。
あとは縁日でお約束の金魚すくいなど。夜には宮入で最高潮の盛り上がり,人出。もう一度金魚すくいに、今度は鯉釣り。針はかかったんだけど,重みで糸が切れてしまいました。
この地に住んで6年以上経ちますが,地元でいつもこんなに盛り上がってるとは知らなんだ。

それにしても「和の意匠」というのはいいものですね。もう少しきちんと調べる気になりました。


宇夫階神社

カテゴリー: - hama @ 08時45分21秒
今回スモール&ビューティフル展でお世話になった宇多津の町は、瀬戸大橋(いわゆる児島-坂出ルート)の四国側の起点であり、会場となった香川短期大が建つあたりは古くから塩田として開かれており、国内最大の規模を誇っていたという。
なるほどゆとりを持った区画割りでいかにも再開発後、といった少し閑散とした雰囲気を醸し出している。それと対照的なのが、讃岐独特のお椀を伏せたような山に沿う形で残る旧い町並みだという。実はこの旧い町並みについては東京へ帰る間際になってシンポジウムではじめて知ったもので、実際に目にした訳ではないのが残念なところ。さらに驚いたのが、この町の神社、宇夫階(うぶしな)神社にまつわる話。

宇多津の宇夫階神社は昭和48年に焼失し、多賀宮の御用材一式を譲り受けて再建された。20年ごとに建て替えられる伊勢神宮のお宮が丸々一棟、20年を超えて残っているのは全国で唯一つということで、2005年に国の登録有形文化財の指定を受けた。2007年はその宇夫階神社の千二百年祭にあたる。

伊勢神宮外宮-多賀宮の普段われわれが目にすることのできない神殿が宇多津にあったとは。ちなみに来年の例大祭は6月1日だということです。みなさん行きませんか?

宇多津については太鼓台で知られるお祭りなど興味深いことがまだまだあるので、よかったら検索してみてください。


20 queries. 0.035 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

2006-2016 © hamanakadesignstudio Some rights reserved.